萌黄色のショルダーバッグ 途中経過 その3

 

 前回の投稿後、数日して結局ほどいて編み直ししてみた。約1週間で片面編めたけど、手の遅い私はだいぶ時間がかかってる。

 そしてサイズを測ってみたら、模様編みの部分は無事サイズ通りの30㎝になっていた。本では模様編みを3号針で編むとなっていたところ、大きくなってしまったので2号針で編んでちょうどよかった。そして一目ゴム編みの部分は本では2号となっているけど、サイズを一つ下げるなら1号で編まないといけない。でも1号の棒針を買うのもなぁと思い、2号の針できつめきつめに編んでみた。

 そしたら一目ゴム編みは高さ5㎝のところ4㎝になってしまった!どれだけきつく編んだんだ私!?

 

 

f:id:sayuta:20230125095313j:image

 

 編みなおしても目がそろっていないのは変わらず。(^-^;) 一応裏編みのときは緩めにと考えながら編んだけど、うまくいかない。

 

 

 

f:id:sayuta:20230125095343j:image

 

 アップはなかなか恥ずかしいけど、まぁ記録ということで。木の模様の真ん中のラインが見事に揃っていないのはなぜなのか。木の周りのメリヤス編みはまぁまぁ揃って見えるんだけどな。

 

 

 

 

f:id:sayuta:20230125095350j:image

 

 きつくきつく編んだ一目ゴム編み。きつく編むと表も裏も同じくらいの加減になるようで、結構目が揃っている!というのは嬉しい発見。でも、きつく編んでいたら左手が攣りそうになった。もともとが2号で編むという指示なので、そんなにきつく編むわけないんだよなと途中で気づいた。(でも一応最後まで編む。汗)

 せっかく片面完成!と思ったけど、一目ゴム編みは編みなおそうと思う。なかなか進まない。

 

 

萌葱色のショルダーバッグ 途中経過 その2

 

 先日から編んでいるショルダーバッグ、表と裏が完成!と思ってさっそく写真を撮ってみたら、一目ゴム編みの部分の段数が足りなかったことに気づいた。16段の所、10段でとじてしまった。泣

 そしてサイズを測ってみたら、縦が30㎝のところ32~3cmある。キットの毛糸なので量はギリギリのはずで、サイズが大きいということは糸が足りなくなるということ。少量でも送料がかかってしまうだろうし、全部ほどいてやり直そうかと考えているところ。なぜ半分のところで大丈夫だと思ってしまったのか。

 残りは13目114段のストラップ。それから綴じるのに必要な分の毛糸があればいいんだけど、どのくらい使うものなのかさっぱり見当がつかない。計算式とかあるのかな?長さが出たとしても巻いてある毛糸をほどいて長さを測るわけにもいかないし。

 

 

 

 写真を撮るときにビビッドにしたら変な色になってしまった。電気が電球色なのも影響してるな。

 棒針編みは表編みだったら奇数段が表編み、偶数段で裏編みを編むので、模様以外の部分は一段ごとに交互に編んでいくことになる。どうも私は裏編みの方がきついようで、木の模様の真ん中の線の編み目がそろっていない。まぁこれも味と思えば許せる範囲かな。それにしても毛糸が足りなくなるのは困るなぁ。足りない分を購入するとまた送料がかかってしまうよな。うーん。どうしようか。

 

 もし編みなおすなら3号針ではなくて2号針で編めば、ちょうどいいくらいか、少し小さめになると思う。何だか思いのほか大きいので少し小さくても大丈夫な気がする。

 どうしようか悩む。

 

 昨日、最後10段くらいのところで不注意で3号の棒針を1本折ってしまった!泣 素材が竹なのでポキっと2つになったわけではないけど、マスキングテープで補修しても毛糸の編み目が進んでいかなくて使えないことが判明。仕方ないので1回ごとに編み目を2号針に全部移して、1本しかない3号針で編むというのを繰り返した。

 

 ほどくかこのまま続けて編むか、しばらく考えてみようかと思う。あぁ、せっかくあとちょっとだと思ったのに。悲

 

 

Videos 2022

 去年見た映画。ほとんどAmazon prime。映画もタイトルだけだと思い出せないものがある。汗

 昔見た映画をまた見たのも多い。

 

観た中でお勧めするなら(観た順)

鑑定士と顔のない依頼人

・君に読む物語

・ヘッドハンター…原作も面白かった

 

 

 2021は「世界一キライなあなたに」が私の中のダントツ1位だったけど、2022は「君に読む物語」が1位!

 「君に読む物語」は日本では2005年に公開されたようで、当時映画館で観たけど終わり方が単純なハッピーエンドじゃないので、素直に「面白かった!」とはならなかった。

 去年久しぶりに見直したら、自分も歳を重ねたせいか終わり方もしっくりきて、主演の若い2人がとても素敵で、大好きな映画の一つになった。今年に入ってまた見直したところ。笑 年に一度くらい観たい。(一覧に載っていないけど、「世界一キライなあなたに」も時々見返す)

 

 

---

51. キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン catch me if you can
50. 永遠に美しく DEATH BECOMES HER
49. 小さいおうち The Little House
48. スーパーノヴァ supernova
47. キッズ・オールライト THE KIDS ARE ALL RIGHT
46. フランシス・ハ Frances Ha
45. 燃ゆる女の肖像 Portrait of a Lady on Fire
44. 43年後のアイ・ラヴ・ユー REMEMBER ME
43. ミッション:インポッシブル MISSION: IMPOSSIBLE
42. ぼくと魔法の言葉たち LIFE, ANIMATED
41. ウォールフラワー THE PERKS OF BEING A WALFLOWER
40. 交渉人 THE NEGOTIATOR
39. L.A.コンフィデンシャル L.A. Confidential
38. WAVES/ウェイブス WAVES
37. バッド・ジーニアス 危険な天才たち BAD GENIUS
36. コーダ あいのうた Coda
35. フィールド・オブ・ドリームス FIELD OF DREAMES
34. レディ・バード Lady Bird
33. パーム・スプリングス Palm Springs
32. ヘッドハンター HEADHUNTERS
31. 希望の灯り In den Gängen
30. アンナ・カレーニナ ANNA KARENINA
29. THE GUILTY/ギルティ THE GUILTY
28. スタンド・バイ・ミー STAND BY ME
27. 博士と彼女のセオリー THE THEORY OF EVERYTHING
26. マネー・ショート華麗なる大逆転 THE BIG SHORT
25. トップガン TOP GUN
24. きみに読む物語 THE NOTEBOOK
23. 最高の人生の見つけ方 THE BUCKET LIST
22. ショーシャンクの空に THE SHAWSHANK REDEMPTION
21. Dangerous Beauty DANGEROUS BEAUTY
20. チョコレートドーナツ ANY DAY NOW
19. 裏切りのサーカス TINKER TAILOR SOLDIER SPY
18. ボブという名の猫 幸せのハイタッチ A STREET CAT NAMED BOB
17. mid 90s ミッドナインティーズ mid90s
16. はじまりのうた BEGIN AGAIN BEGIN AGAIN
15. ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 FANTASTIC BEASTS AND WHERE TO FIND THEM
14. 幸せなひとりぼっち EN MAN SOM HETER OVE
13. ぼくを探しに ATTILA MRCEL
12. マイ・インターン THE INTERN
11. パンズ・ラビリンス El laberinto del fauno
10. 君の名前で僕を呼んで CALL ME BY YOUR NAME
9. パラサイト 半地下の家族 PARASITE
8. マトリックス THE MATRIX
7. エール! La famille Belier
6. ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK The Beatles:EIGHT DAYS A WEEK - THE TOURING YEARS
5. 猟奇的な彼女 엽기적인 그녀(My Sassy Girl)
4. 鑑定士と顔のない依頼人 LA IGLIORE OFFERTA(THE BEST OFFER)
3. 怪しい彼女 수상한 그녀(Miss Granny)
2. プレステージ THE PRESTIGE
1. ラ・ラ・ランド LA LA LAND

 

 

 

Read Books 2022

 去年読んだ本。

 ほとんど出社時の通勤時間しか読まないかつ、朝は座れるので寝てしまう事が多く、めっきり本を読まなくなってしまった。

 

 映画やドラマの原作多し。既にタイトルだけでは内容を思い出せない本が多い。汗

 

 思い出せるものでお勧めの本

レインツリーの国

・ヘッドハンターズ…映画の原作。映画も面白い。

 

 他にも面白かったのはたくさんあるだろうけど、2022はこの2冊にしよう!

 

---
有川浩レインツリーの国
東野圭吾:夢幻花
F.アバイネル、S.レディング:世界をだました男
津村記久子:サキの忘れ物
津村記久子:つまらない住宅地のすべての家
中島京子:小さいおうち
津村記久子:サキの忘れ物
モイーズ:ミー・ビフォア・ユー きみと選んだ明日
宮部みゆき:泣き童子 三島屋変調百物語参之続
内田英治:ミッドナイトスワン
原田マハ:リーチ先生
垣谷美雨:姑の遺品整理は、迷惑です
原田マハ:常設展示室
小川糸:ライオンのおやつ
髙田郁:あきない世傳 金と銀 十三 大海篇
篠田節子:女たちのジハード
ジョー・ネスボ:ヘッドハンターズ
原田マハ翼をください 下
原田マハ翼をください 上
畠中恵:とっても不幸な幸運
山本一力:だいこん
ニコラス・スパークスきみに読む物語
林真理子:白蓮れんれん
知野みさき:獅子の寝床 神田職人えにし譚
山本一力:あかね空
乃南アサ:いっちみち
フレドリック・バックマン:幸せなひとりぼっち
小川糸:ツバキ文具店
朝井まかて:白光
村上春樹:女のいない男たち
原田マハ:丘の上の賢人 旅屋おかえり
松井久子:疼くひと
吉村葉子:少しのお金で優雅に生きる方法
重松清:ビタミンF
原田マハ:アノニム
髙田郁:あきない世傳 金と銀 十二 出帆篇
山本ふみこ:こぎれい、こざっぱり 山本さんの愉快な家事手帖
浅田次郎:五郎治殿御始末

萌葱色のショルダーバッグ 途中経過

 

 年末に発掘したくつ下を編むフェリシモのキット。早速やりかけだったものを解いて編み始めたけど、竹串を少し太くしたくらいの編み針になかなか慣れず、糸が細いのでなかなか進まずで、途中のまま別のものに手をつけてしまった。(^-^;)

 

 図書館で借りてきた本に載っていたショルダーバッグで、模様編みが可愛くて一目惚れ。

 

 

f:id:sayuta:20230110053621j:image

 

 ショルダーバッグの片面を編み終えたところ。上の一目ゴム編みは最後に半分折り返してかがるとのこと。

 

 

 

f:id:sayuta:20230110054129j:image

 

 本はこちら↑ 「風工房の定番ニット」

風工房さんは私が二十代の頃に買った本にも、デザインされたセーターが載っていたのを覚えている。

 先月か先々月にすてきにハンドメイドに出演されていて、初めて拝見。とてもおしゃれで素敵な方だった。

 本を図書館で何冊か借りてみたけど、寒色系の色が好きなのかもという感じ。表紙のセーターも可愛い。

 

 

 


f:id:sayuta:20230110054150j:image

 

 本の指定の毛糸がキットで売っていたので、そのまま購入してみた。編み針は2号と3号を使用するんだけど、最初の作り目のとき4号でと書いてあったので4号も購入してしまった。(あれこれ編み物関連で散財中。汗)

 編みかけの毛糸を机の上に置いておくことが多いけど、あるときテンに届くところに置いてしまったようで、2号の編み針を齧られてしまった。泣 1本は頭の部分が折られ、1本は歯形がついている。前にかぎ針の10本セットも購入してポーチに入れておいたら、それもおもちゃにされて何本かがガジガジにされてしまった。悲

 テンが届かない場所を確保して、絶対そこに置くようにするしかないよな。ついついが命とり。

 

 

 

f:id:sayuta:20230110054154j:image

 

 編んでいるのはこちらのバッグ。まだ途中だけど、編んでみたら思ったよりも大きいみたい。でも完成が楽しみ!!

 

 

今年の目標 2023

 

 去年の初めに「今年の目標」という投稿をしていたのを見つけたので、今年も載せてみる。

 

 毎年同じことになってしまうけど、今年も甘いものをなるべく控える。去年はクリスマスケーキを我慢してみた。でも年末に頂き物のカステラを連日食べてしまったけど。汗

 お正月も栗きんとんや黒豆は控えめにしてみた。だて巻きは購入しなかった。だて巻き、母はあまり好きではないそうだけど私は結構好き。でも砂糖がたくさん入っているだろうと思うので、自分で作れたらいいなというのは前から思っていること。一度くらいはチャレンジしたことがあるけど、やっぱり一度くらいじゃうまく作れなくて辞めてしまった。またチャレンジしたい。

 その代わりに(代わりを食べてしまうと意味がないけど)3日と4日はセブンイレブンで買ってきたアイスを食べた。アイスもあまり食べないのでお正月くらいは良しとする。笑

 

 あとはバレエを続ける。バレエの教室、なかなか思うように生徒さんが増えず、私としては少人数レッスン(もしくは個人レッスン)で嬉しいけど、先生としては困るだろうからレッスンが減っていく可能性あり。今の人数の倍くらいいるといいんだろうけどな。

 家ではなかなかストレッチ出来ないので、土日にしっかりレッスンを受けることで対処。家で出来るのが一番いいんだけど。

 バレエはステップを覚えるのが頭の体操みたいな感じで、日々の生活で自分の年齢を感じることの多い私としては、これも健康に一役かっているんじゃないかと思う。

 

 以前は夜布団に入ってから、足先が冷たくてなかなか眠れないということがあったけど、今年は全くそれがない。近頃1年前のことがあやふやなのでここ何年のことなのか不明だけど、今年は確実に大丈夫。お正月に弟家族が来たとき、お嫁さんと姪っ子ちゃんがゆたんぽを買いたいとそんな話しをしていて、母も同じく寝るとき足が冷たいようで、そのとき初めて私は最近その悩みがないことに気づいた。

 冷え性自体が治ったわけではないけど、夜寝るときは湯たんぽが必要ない。何でだろうと考えてみたけど、これ!という原因は思い当たらずよくわからない。

 わからないなりに生活の中で気をつけていることを思い出してみると、

  1. 冬には夏の野菜をあまり食べない。
  2. 冷たい飲み物を極力飲まない。
  3. お風呂は熱すぎないように(なるべく40度まで)
  4. この冬は在宅勤務中まだ暖房なしで頑張っている。(たくさん着込んで足元には湯たんぽ)
  5. 定期的な運動(バレエと犬の散歩)

という感じ。まぁ、どれもが冷え対策になっているかはわからないけど。

今年の目標からいきなり冷え対策に話しが飛んだのは、バレエを続けていることによって筋肉が増えたので、少し冷えが改善しているのかな?と考えたためだった。実際のところはどうなんだろう?バレエを本格的に始めて2年半くらいだけど、目に見えて何かが変わったというのは感じられないながら、目に見えないところで身体の調子を整えてくれるような気がしている。

 

 去年はモノを減らすというのを書いていたけど、今年はモノをなるべく増やさないを目標にしよう。ついつい気が緩むとネットで購入しがち。気をつけなくては。

 

 あと、実現できるといいなと思っていることは、友人のお墓詣りに行くこと。遠くに住んでいて年賀状のやりとりだけだった同級生が数年前に亡くなってしまった。この年になると同級生で亡くなる人が出てきてそのたびにショックを受けている。

 その同級生が新婚の頃にアパートにお邪魔したことがあって、ご主人にも数回会ったことがあった。それ以来一度も会っていなかったけど、お墓参りとご主人に会うのが実現できるといいなと思っている。だんだん、後回しにすると機会は巡ってこないと思うようになり、今年ぜひ実現したい。

 

 今年が世界中の人にとって少しでも穏やかな一年でありますように。

 

 

パッチワークキルトのサンプラー完成

 

 去年の初めに投稿した「今年の目標」という記事を見つけて読んでみたら、ちらっとパッチワークキルトのサンプラーを完成させたいと書いてあった。

 30年ほど前のものでサイズは1m×1mくらいのパッチワークキルト。(20代の頃のことはみんな30年くらい前となっているこの頃。笑)無事完成させることが出来た!ばんざい!!ヽ(^o^)丿

 

 

f:id:sayuta:20230102173837j:image

 

 20代の頃、友人に誘われて通っていたパッチワークキルトの教室で手掛けたもの。このサンプラーキルトの前にも、月に1度だったのか2度だったのかパッチワークキルトの小物をずいぶんたくさん作ったので、1年以上通っていたのかもしれない。

 上のサンプラーキルトも一つ一つは1回のレッスンでやったんじゃないかと思う。そして最後はボーダーとキルトに仕上げるためのキルト綿や裏布、バイヤステープなどを購入したんだろうな。

 今見るととてもレトロな雰囲気で、あまりにも見慣れてしまって愛着が湧いているけど、若かった当時は布選びなどが今一つ好みではなくて、それも仕上げられなかった原因なんじゃないかと思う。笑

 

 出来上がったこの作品を見ると当時の先生はどうしているんだろうとふと考える。当時、生徒さんが結構いたので同じデザインのキルトを持っている人もどこかにいるのかな。あれこれ考えていると、何だか不思議な気分になる。

 

 

 

f:id:sayuta:20230102173852j:image

 

 最後の最後はアルバムキルトの刺繍部分が残っていたけど、年賀状に載せるためと購入した毛糸で編み物を始める前に仕上げなくちゃと、11月ごろ完成☆

 出来上がって本当によかった♪